涙やけと流涙症とは?

流涙症とは?

目の周りに涙が溢れて、その部分の被毛が茶色や黒色に変色してしまうことを涙やけといいます。トイプードルやマルチーズ、シーズー、ポメラニアン、チワワ、パグなどの犬種によく見られます。
涙やけは、流涙症と呼ばれる病気が原因で引き起こされます。犬の涙は本来、涙腺から鼻涙管へ流れ、鼻へと排出されていきます。そのため、目の周りに涙が溢れるといったことはありません。しかし、何らかの原因によって涙が過剰に分泌されると、目の周りにも溢れてしまいます。その溢れた涙によって被毛が変色し、涙やけが起こるのです。また、涙によって被毛が濡れ、湿り気のある環境で細菌が繁殖してしまうこともあります。すると、目の周りに皮膚炎などの炎症が広がってしまうこともあるので注意が必要です。

過剰に涙が分泌される原因

涙が過剰に分泌されるのには、ゴミやまつ毛などの刺激が原因になることもあります。ゴミやホコリの場合には、取り除いてあげれば大丈夫です。まつ毛や毛が原因の時には、トリミングなどを工夫して刺激ならないようにすることが必要になります。ただし、瞼が内側に入ってしまうような病気が原因のこともあり、外科手術が必要になることもあります。また、花粉症や食物アレルギーなどの体質的な問題が原因のこともあります。花粉が多い時期や決まった場所で涙が多くなるような場合には、花粉症が疑われます。食物アレルギーの場合には、涙だけではなく発疹が出たり、痒いという仕草をしたりすることもあります。
それから、涙の通り道となっている鼻涙管が狭かったり、閉塞してしまっている場合も流涙症が起こりやすくなります。これは生まれつきの体質によるもので、トイプードルやチワワ、パグといった目が大きくて鼻が短い犬によく見られます。鼻涙管が完全に閉塞してしまっている場合には、外科手術が必要になることもあります。

流涙症や涙やけの予防は可能?

流涙症及び涙やけは、予防することは難しいとされています。しかし、涙やけによる皮膚炎は、涙をこまめに拭くなどの対処で防止することができます。できるだけ、細菌が繁殖しない環境をつくることが重要です。目の周りが皮膚炎になってしまうと、膿が溜まってしまったり、出血したりすることもあります。そのため、できるだけ早い段階で、抗生剤や消毒液などを使って治療を施すことが大切になります。また、涙やけをそのまま放置しておくと、結膜炎や角膜潰瘍、前部ブドウ膜炎、急性緑内障などの病気を招くこともあります。