涙腺のつまりも涙やけの原因になる

涙があふれだすことが涙やけの原因

犬は人間の様に感情によって涙を出すと言う事はありませんが、涙腺も有るので目に刺激を受けたり何等かの疾患がある場合等に涙を多く出してしまう事があります。
沢山出てくる涙は涙やけの原因となり、目の周りの毛の色を赤茶色に染めてしまう事も有ります。

通常、犬でも涙は常に分泌されています。
ただそれは目の乾燥を防ぐ程度の量で、目からそれがあふれ出してしまうと言う事はありません。
涙があふれだしてしまうと目の周りの毛を染めたり、目自体に刺激を与えてしまう為、涙やけだけでなく他のトラブルを引き起こしてしまう事も有ります。

最大の原因は涙腺の詰まり?

涙が沢山でてしまう原因としては目の中に異物が入っている場合や逆まつ毛などがあります。
また結膜炎等の場合も有ります。
ただ、もう一つ、涙腺の詰まりも関係している場合があるのです。
通常涙は涙腺から分泌されて、その後目と鼻をつないでいる鼻涙管を通って鼻の方に抜けて行きます。
だから涙があふれてしまうと言う事は本来はありません。
しかし鼻涙管が詰まっていると上手に涙を鼻の方に抜けさせる事が出来ない為、涙があふれてしまいます。
また抑々涙腺が詰まっていると涙が上手に排出できなくなってしまい、結果的に涙やけに繋がってしまう事も有ります。
実は、この涙腺の詰まりが涙やけの最大の原因と言われてしまう事も有る程です。

食事療法で対応する事もできる

涙腺の詰まり自体は後天的な物も有りますが、先天的な物も有ります。
その状態を見て、必要に応じてそのつまりを取り除く為の処置をします。
特に長期間詰まってしまっている場合は既に癒着が発生していたり、閉塞してしまっている可能性もあります。
その為、その場合はまずはその詰まりを取り除くと言う事で、外科的な手術が必要となる事も有ります。

ただ犬の涙やけ自体はその原因は一つではありません。
その為、外科的な手術をしたり、詰まりを取り除くための処置をしたとしても、再び詰まってしまう事も有ります。
その場合は再手術が必要となる場合もあります。
涙管の洗浄等をして対応する事もできるようになっていますが、その体質によっては処置してから少し経過しただけで再び発症してしまう事も有るのです。
根本的な解決をしない限り、何度でも再発すると言うのが大きな特徴です。
ただ全ての場合で外科的な処置が必要となるわけではなく、その状態によっては食事療法で対応する事もできます。
例えばグルテンが含まれていないフォッグフードを与える等がその一つの方法です。