涙やけしやすい犬種とは?

涙やけとは?

小型犬を飼っている人の間では、涙やけに悩んでいる飼い主さんが多いようです。こまめにケアしたり、目薬などを使っても改善しないこともあります。とくに白など薄い毛色の場合、赤茶色になってしまい目立つので、飼い主にとってはダメな飼い主と思われるのではないかと悩む人もいるかも知れませんが、原因は花粉、アレルギー、フードなど様々ですし、この症状を起こしやすい犬種というのが確かにあります。

これも涙やけの原因から納得できる面があります。犬の涙には脂質が含まれており、これが毛に触れると変色させてしまう原因となるのですが、涙は目を濡らすだけではなく、鼻を濡らす役割もあります。涙は涙腺から涙小管、涙嚢、鼻涙管、そして鼻へと伝わります。そのため目と鼻の距離が近い犬種、いいかえると短頭犬種は鼻が短くて涙小管が曲がっていたり細くなっていて涙があふれてしまい、これが原因になりやすいといえます。

また目が大きく飛び出している犬種も涙量が多い場合があるこも原因になります。長毛種も涙やけしやすいといわれています。同じ犬種でも毛色が薄いとやけやすくなるので、この点も頭においた方がよいです。

ドッグフードが原因となっている場合もあります。ただしある犬には効果があるフードでも、別の犬には効かないという個体差があるので、個々の犬にどのフードがよいと断定することはできません。

涙やけとドッグフードの関係

以下涙やけを起こしやすいといわれる犬種を挙げて、最後にドッグフードとの関係について書きます。

マルチーズは涙やけの悩みをよく聞く犬種です。毛色が白いことが多く、目の周囲が変色すると目立つのも悩みの多い原因です。トイプードルもほとんどの飼い主さんが悩むようです。シーズーも短頭種で目が大きいのでよく見られます。パピヨンは目が大きく、飛び出していて長毛種という条件を満たしています。コッカースパニエル、ビションフリーゼもやはり涙やけが多いです。シーズーは目が大きく、また目や鼻の周囲の毛が長い上に見て分かる通り目と鼻の距離が非常に近いので、涙腺が詰まりやすいです。フレンチブルドッグ、チワワ、ペキニーズ、ポメラニアンなども同じです。

このように涙やけを起こしやすい犬種については、ドッグフードが最大の原因、または悪化要因となっている場合もあるので、このようなケースではフードを変更することで改善することもあります。ドッグフードが涙やけを起こす要因として考えられるのは、含まれている添加物によって涙腺が詰まることです。またフードによっては、涙の量が増える場合もあるようです。したがってまず添加物の少ないフードに切替えたり、手作りの食餌を与えてみるのも対策として考えられます。小型犬にとってはとくに添加物の影響が大きいと考えられるので、できるだけ良質のフードを選んであげてください。