老犬になるほど涙やけに注意

犬も老いると免疫力が低下する

犬の中でも、特に老犬に多い「涙やけ」の症状。特に毛色の薄いタイプの犬だ目立ってしまって、手入れをしていないのではないかと思われてしまうのでは、不安に思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、主な原因は、飼い主の手入れ不足ということはとても少ないと言われています。生まれつきの体質や、普段食べているドッグフードが大きく関係してきます。そのため、涙やけの改善に最適なドッグフードを与えることによって、症状を改善させる効果が期待できると言えるでしょう。
そもそも、犬の涙やけは、涙が多く出てしまうことが原因で起こります。 トイプードルやポメラニアン、チワワなど、目が大きい小型犬に多く見られる症状です。目にゴミや毛などが入ってしまった時や、花粉症などが過剰な涙の分泌の原因として挙げられます。また、ドッグフードが合わないことで、涙やけを起こしてしまう犬も多くいます。

添加物は体にあまり良くない?

ドッグフードに使用されているたんぱく質などの栄養素や、その他のさまざまな原材料に対してアレルギー反応を起こしたりすると、目がかゆくなったり涙が過剰に出てしまいます。
また、安価なドッグフードには、科学的な添加物が多く入っています。この添加物が犬の体に合わないと、涙やけを起こしやすくなってしまうのです。添加物には、着色料や酸化防止剤、保存料など多くの種類がありますが、体にあまり良くない影響を与える可能性があるものも存在します。悪影響を与える添加物は犬の体に蓄積していって、涙や目やにを増やします。そして、目やにが涙管をふさいでしまうことによって、涙が溢れ出てしまうということが考えられます。目の周りに細菌が繁殖してしまうため、赤茶色に変色してしまって涙やけが起こると言えるでしょう。

老犬になるほど注意が必要

このようなことが原因となって、涙やけを起こしてしまうのです。特に老犬だと、免疫力も弱ってきて、症状を引き起こしやすくなっているので注意が必要です。また、目の病気にかかっているという可能性も考えられるので、しっかりとケアをしてあげることが必要となってきます。
涙やけを改善させるためには、まずドッグフードを見直してみましょう。できるだけ国産のものを選んだり、成分に添加物があまり含まれていない商品を購入すると良いでしょう。成分表を注意して見て購入することで、症状を抑えることができる可能性が上がります。愛犬を守るためにも、ドッグフードには気をつけるようにしましょう。