多すぎる涙はハウスダスト等のアレルギーの可能性もある

犬の涙が多いのは食事や生活環境のせい?

トイプードルなどの犬種に多い症状の一つとしてあげられるのが、涙が多いことで引き起こされる涙やけです。
特に毛色の薄い犬が症状を発症すると目立ってしまう症状です。
この犬の涙が多い症状の原因は生まれ持った体質的なものと、排泄や食べ物が関係しているケースが多く、食事や環境を見直すことによって改善されるケースも多くあります。
涙やけは涙が原因によって引き起こされる症状です。涙が出る具体的な原因としては、流涙症という病気が主な原因だとされています。

アレルギーの可能性も考えられる

本来涙は、涙腺から涙管、鼻という順番で排出されることが一般的ですが、アレルギーなどの要因によって過剰分泌されることにいよって涙が多いという状態になってしまうのです。その結果、目のまわりにあふれる涙が、毛色を変色させてしまいます。
トイプードル以外にも、ポメラニアンやパグ、チワワ、テリアなどの目が大きく鼻が短い小型犬によく見られる症状になります。
原因としては、目にゴミや毛が入っている、涙腺や涙管などの器官に問題がある、花粉症や食べ物のアレルギーによる体質的な問題、排泄環境のトラブル、食べ物に問題があり涙腺を詰まらせていることなどが考えられます。
目にゴミや毛が入っている場合には、ゴミを取り除き、トリミングを行います。器官的な問題であれば病院で治療し、排泄環境が問題出れば水分が足りない可能性があります。食べ物の問題出れば、質の良いドッグフードに変えたり、手作りご飯などにするなどの工夫ができます。

アレルギーが原因だったら

アレルギーが問題である場合には、アレルギー検査を行って状態を確認するのも良いとされています。
ドッグフードに含まれるタンパク質の質や種類が問題でアレルギーを引き起こすこともあるため、改善するためにはドッグフードの原材料を気を配って、天然成分のフードに変えたり、低アレルゲンのフードに変えるだけでも症状が改善できるケースもあります。
また、サプリメントなどもあるため、犬の様子を見ながら食事の改善を行っていきます。
ハウスダストや花粉症が問題の場合には、こまめな掃除を心がけ室内の空気を清潔に保つように心がけます。
運動不足やストレスなどでも引き起こされることがあるため、十分な運動をさせてストレスを改善したりするなども大切です。
外側からのケアとしては、目の周りの変色した毛を切ったり、汚れをふき取るようにしていきます。
自宅でのケアでは治せないという場合には、病気の可能性もあるため病院に相談することがオススメです。