正常な水分摂取で涙やけの原因を減らせる

ちゃんと水分は摂れていますか?

犬の涙やけは、大量の涙が原因で起こるといわれおり、それは流涙症という病気が大きな原因で生じるといわれています。この流涙症とは、涙腺、涙管、鼻へと排出される涙が何らかの原因で過剰に分泌されることによって涙を流し続けている状態のことで、それによって、眼の周りにあふれてしまった涙が毛の色を赤茶色っぽく変色させてしまう涙やけの症状を引き起こす原因となるといわれています。このような症状を引き起こさないためには、まず、適切な水分摂取が必要といわれています。ですから、給水器に不具合がないかどうかをまずチェックし、正常な水分摂取ができているかを確認する必要があります。そして、起きた直後だけではなく、日中も濃いい黄色のおしっこをしている場合は、正常な水分摂取ができていないことを表しますので日常的なおしっこの状態もチェックする必要があります。それは、正常に水分摂取ができていない場合、身体の中の老廃物がおしっことして排出されずに、目や耳、毛穴などの身体の中の穴から出てきてしまい、涙を過剰に分泌することにつながりますので、正常な水分摂取を心がける必要があります。このように正常な水分摂取で犬の涙やけの症状を減らすことができるといわれています。

ドッグフードの添加物にも注意が必要

涙やけを引き起こしてしまう涙腺の詰まりには、ドッグフードやおやつが関係しているといわれています。この犬のドッグフードやおやつには添加物が付加されている場合が多く、この添加物や質が悪いタンパク質が犬の涙管などのさまざまな穴を詰まらせる原因になるといわれています。さらに、外でしか排泄をしない犬の場合は、散歩の時間が足りていないとおしっこを溜めてしまいますので、排泄に関するストレスがないかどうかも見直すことも大切といわれています。また、パピー時代から継続して涙の量が多い場合は、涙腺や涙管などの器官に欠陥や疾患がある場合もありますので、その場合は病院で相談する必要があります。このように、犬の涙やけの原因を減らすためには、正常な水分摂取を心がける必要があり、特にドッグフードを与えている場合は、積極的に水分を与えることが大切といわれています。また、無添加の質が良いドッグフードを選び、あまり水分を摂らない犬に対しては、ドッグフードにぬるま湯をかけたり、野菜などを煮込んだスープをドッグフードにかけるといった工夫を行い、日常的にドッグフードで対策するのがよいとされています。