良質なえさでストレスも軽減可能

予防や改善のために原因を理解する

犬を飼っている人が、その外見について気になることは色々とあるでしょうが、その代表的なものの一つは涙やけではないでしょうか。犬種によって起こりやすいかそうでないか、また毛の色によって目立ちやすいかそうでないかという違いがあるのですが、その症状が生じていると飼い方が悪いように思われる可能性もあり、悩んでいる飼い主はかなり多いと言われています。
涙やけはその名前からもわかるように、涙が原因で起こる症状です。具体的に言うと、涙が目から過剰に分泌されたり、本来であれば鼻に流れるはずの涙が、鼻涙管という部分が詰まることで目から出て島たりすることで、目の周囲の毛が変色することで生じます。ひどい毛の変色が起こってしまうと、後からそれを改善するのはなかなか困難を伴うものなので、できればそうならないように予防したり、またその兆候が出始めた段階で食い止めて上げることが望ましいと言えます。ただその原因には様々なものがあるので、予防や改善を図るためには、その原因が何かを理解することがまずは肝心になります。

涙やけの主な原因と考えられるもの

主な原因として考えられるものとしては、花粉症やアレルギー、おしっこの排泄が上手く行っていないこと、生まれつき鼻涙管が細いことなどがありますが、これらは体の問題として比較的理解しやすいものだと言えます。しかし意外と思われる人もいるかも知れませんが、ストレスという精神的な原因もまた原因となり得るもので、その軽減を図ってあげることも重要な対策です。
犬のストレス軽減の方法としては、飼い主がよく遊んであげることや、しっかりと運動させてあげることと共に、良質なえさを与えてあげることも重要になります。犬としては本当は食べたいと思えないような、粗悪な原料を用いた質の悪いえさを食べさせていると、そのことがストレスを引き起こす場合があるからです。素材にこだわって、犬の健康を考えて造られたような良質なえさであれば、喜んで食べたいと思うようになり、食事の際のストレスを軽減することが期待できるでしょう。そしてそういったことから、ストレスが原因の涙やけの予防や改善につながるのです。
また良質なえさを与えてあげることは、ストレスの軽減以外にも、涙やけの予防と改善の役に立つことが考えられます。品質の悪い原料を用いたり、健康に良くない添加物を使用しているドッグフードの中には、アレルギーの原因となって鼻涙管を詰まらせる恐れを持つものがあるからです。
これらの点から考えると、涙やけの対策としては、良質なドッグフードを選択することが役に立つと言えるでしょう。