犬用サプリでも健康増進できる

根本的な原因を解消するために

犬の涙やけは、改善が難しいと言われています。
涙は通常は涙腺から出て目と鼻をつないでいる鼻涙管を通って鼻に抜けます。しかし、涙が過剰分泌されてしまったり、うまく排出されないと鼻にうまく流れなくて溢れ出してしまいます。溢れ出た涙の中に含まれているポルフィリンという色素のせいで、目の周りの毛が赤茶色に変わってしまい、細菌が繁殖してしまいます。
涙やけになってしまう常に目の周りが不衛生で、見た目も良くありません。拭き取りシートなどは市販されていますが、根本原因を解消しない限りはいつまで経っても目の不調はそのままです。

犬用サプリで根本的な原因を取り除く

犬用サプリでは、それを体の内側から変えていくための成分が含まれているものがあります。
一例としては、解毒・粘膜保護効果が期待されているハーブである「ウスベニタチアオイの根」、解毒作用があると言われている生薬の「ヒイラギナンテンの根」、抗酸化作用が期待されているハーブの「クランベリー」が含まれている犬用サプリです。
抗酸化と抗菌作用によって細菌やバクテリアの繁殖を抑えて、涙やけの不調を体内からサポートしていきます。味は犬が食べやすいと感じられるように、サツマイモとクランベリー味で整えられています。
抗生物質は含まれていないので、薬のような即効性はありませんが継続して食べ続けさせることが出来ます。抗生物質が含まれていると長期間の摂取によって耐性菌が生まれてしまうことがあり、これが健康増進に悪い影響を与えてしまう可能性があります。
サプリは食べさせてすぐに効くものではありませんが、体の内側から徐々に健康増進させることで根本原因を取り除いていくのに役立ちます。
しばらく時間がかかるので、その間に被毛にこびりついた涙の中で最近が繁殖しないように、目の周りを常に清潔に保つようにした方がいいです。

人間用は刺激が強すぎる

人間用のローションなどは刺激が強すぎるので、犬用の低刺激なローションやすぐに使える拭き取りシートなどを使うといいでしょう。ふき取りシートはウェットティッシュのように取り出してすぐに使えるので、扱いが楽です。犬猫兼用のものもあります。
他にも、赤茶色に変化してしまった被毛のホワイトニングが自宅でできるローションやクリームもあります。
愛犬が嫌がらない程度の優しい力で拭き取ってあげましょう。
食用タイプの犬用サプリの方は、餌に少量混ぜて使えばOKです。いきなりえさを変えると食べない可能性があるので、最初はほんの少しにして混ぜてみましょう。