海外基準のドッグフードが高品質

外国のペットフードが高品質な理由

日本国内で生産されている多くの製品は、高品質で安全とされている物が多く、そのためペットフードも国内で生産された製品が安全だと考えている人が多くいます。しかし、犬の健康を考えた場合、国内生産のドッグフードよりも海外で生産されているドッグフードの方が高品質で安全である場合が多くあります。国内で作られたドッグフードと海外で作られたドッグフードとの最大の違いは、両者に適用されている法律の違いにあります。犬や猫などのペットに食べさせるペッとフードを規制している法律は海外の方が日本国内の法律よりも厳しい基準で規制されています。これはドッグフードについても同じことで、ドッグフードに関しても海外の法律の方が厳しくなっています。
日本国内のペットフードを規制する法律は、平成21年にできたもので、まだできて間もなく、ドッグフードに対する安全基準も海外の法律よりもゆるくなっています。海外の方が安全基準が厳しいため、ドッグフードもその安全基準にクリアしたフードになっており、ペットの安全に関する基準などの歴史も日本より長いため高品質のペットフードが多くなっているのです。そのため、国内生産のペットフードよりも安全なので外国で作られた物を犬に与えるようにする人が多くなっています。しかし、外国のペットフードならどれでも良いというのではありません。

正規輸入品と並行輸入品どっちも同じ?

外国で作られているペットフードでは、同じ銘柄のペットフードでも、正規のルートで輸入されている正規輸入品と、別のルートで輸入されている並行輸入品の2種類があります。外国産のペットフードを安く販売しているお店の多くは、正規輸入品よりも安く仕入れることができる並行輸入品を仕入れる事で安く販売している場合があります。並行輸入品が正規輸入品よりも安い理由は、正規輸入品の場合は、設備の整った船などで運ばれてくるため、フードの品質が劣化せず安全にペットに食べさせる事ができます。しかし、並行輸入品の場合は、ペットフード以外の家具や電化製品などと一緒に運ばれてきてしまい、温度管理などしっかりされていない場合もあり、品質が劣化してしまう事があります。そのため安全なフードではなくなる事があるので、外国産のフードでも席輸入品を問い扱っているお店で購入する事が大切です。また、涙やけの症状が出ている犬は、他に原因となる病気が見当たらないと診断された場合、食事が涙やけの原因となっている事があります。犬の消化率の悪い安くて低品質なフードでは消化不良を起こしてしまい、涙やけを起こす事があります。このような場合、高品質な外国産にすると消化効率が良いため、涙やけの症状が軽くなる事があるので、高品質の外国産のフードにする事も考える必要があります。