良質なえさで涙やけも予防できる

涙の役割とは?

犬の涙は目を潤して外からの刺激を和らげたり、目の中に入った異物を流して感染症から防ぐ役割があります。角膜へ酸素や栄養を送るのも涙の役割です。
涙腺は涙の工場のような場所で、ここから液体状の涙が分泌されます。まばたきすると目の表面に広がって、いらない分は涙点→鼻小管→鼻涙管→鼻の順に流れていきます。
人間が泣くと鼻水が出るのは、鼻涙管を余分な涙が通っている証拠です。
また、マイボーム腺という部分から油状の涙、結膜の杯細胞の2種類が分泌されて、涙の蒸発を防いだり、涙の膜を角膜に留めています。
この涙がうまく作られなくなったり、排出がうまくいかなくなると涙やけの症状が現れます。
プードルやポメラニアン、マルチーズ、シーズーなどの犬種は被毛が白いため、溢れ出た涙液の物質と反応すると赤茶色く変色してしまいます。
被毛が変色してしまうだけではなく、皮膚炎を起こしてしまうこともあります。

涙やけは予防できる?

涙やけの対策としては、炎症を引き起こさないように目の周りを清潔に保つことが大切です。できるだけ汚れたらすぐに拭くように気をつけてあげましょう。ペットショップやスーパーでも涙やけを拭き取るための専用のウェットシートが売っているので、それを使うと楽です。綿棒などにつけて拭き取るローションもあるので、場合によって使い分けてあげるといいでしょう。
ただし、拭くだけでは根本的な解決にはなりません。拭いたとしても、涙を正常に出す機能が壊れていれば、拭いてもまた涙やけが起きてしまいます。
これを予防するためには、ドッグフードを見直してみるといいです。涙やその排出を邪魔する物質として、ドッグフードに含まれている化学物質が影響していることがあります。
例えばオーガニックな素材を使っているというドッグフードでも、飼料に添加物などが使われていると、残留物質のせいで完全なるオーガニック原料とは言えないこともあります。
海外のドッグフードの中には、原材料になる鶏の飼料までオーガニックで管理しているものもあります。
また、肉の副産物が犬の健康を害することもあります。〜ミールという表記のものは、品質の悪いタンパク源です。犬に大切なのは良質なタンパク源であって、品質の低い劣化したタンパク源は鼻涙管を詰まらせる原因になることもあります。
良質なタンパク質が含まれていて、さらに添加物などが含まれていないフードであれば、涙やけのサポート食としても使える可能性があります。